ホーム > センター概要

センター概要

人の心を基本として、人類と社会の進歩発展に貢献することを目指します。

センター長挨拶

九州大学稲盛フロンティア研究センター長
 教授  浅野 種正

稲盛フロンティア研究センターでは、人々が安心、安全にそして快適に生活でき、それが永続される社会を築くために解決しなければならない人類共通の課題に対し、独自の科学的ビジョンで果敢に挑戦する若手研究者に教授として研究を進めていただいています。

特定の学術分野に限定せず、若手教授が研究員や学生とともに学際的な研究を進める環境を提供しています。

本センターは、この活動を通じ、将来、世界の科学技術を先導する人材を育成することを目的の大きな柱としています。

本センターは、九州大学創立百周年記念事業の一環として財団法人稲盛財団のご支援で建造された九州大学稲盛財団記念館内にて活動しています。平成20年(2008年)4月1日の創設から10年が経過しました。その間の、200件を超える招待講演に代表される研究成果の発信、文部科学大臣表彰若手科学者賞や学会賞など多数の受賞、大型の研究助成獲得数や民間企業との共同研究実施数の実績は、本センターの研究活動が高水準にあり、卓越したものであることを示すものと考えています。そして、本センターで教授を務めた7名の内、最近着任した2名を除く5名が本学はもとより、他の大学、研究機関へと場を移して活躍していること、また在籍した学術研究員も国内外にて活躍していることは、全国的に見てもユニークな取り組みが、研究活動および人材育成の両面において結実していることを示すものと言えましょう。創設以来、本センターの運営に多大なご支援を承りました京セラ株式会社には心より感謝申し上げます。

本センターは、概ね5年をひとつのフェーズとして運用しており、平成30年4月より第三フェーズとして自立運営しておりますが、設立以来の理念を継承し、若い研究者たちの自由な発想の下に新領域の開拓に挑戦し続けてまいります。

関係の皆様にはいっそうのご協力を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

平成30年4月

センターの理念

稲盛フロンティア研究センターは、九州大学創立百周年に当たり、財団法人稲盛財団及び京セラ株式会社から多大の御支援を得て、伊都キャンパスに設立されたものです。 本センターは、将来の安心・安全な社会に貢献するため、人と技術の調和、心と技術の調和に貢献する研究活動を行うとともに、若手研究者の交流と育成を推進します。九州大学の研究リソースを最大限活用して、世界中から人が集まり、交流を深めながら、人類と社会の進歩発展のために貢献する教育研究拠点を、九州の地に構築します。

センター理念図